宮城県支部行事紹介
 投稿日時: 2021-01-15 (62 ヒット)

2020年度 第1回豊年技術士懇談会 講演会のご案内

公益社団法人 日本技術士会 東北本部 宮城県支部

豊年技術士懇談会委員長 岸 憲之

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
2020年度第1回豊年技術士懇談会の講演会を下記の内容で開催いたしますので、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

敬具


●日 時:2021 年 2 月 19 日(金) 15:00~17:00  
●演 題:「震災10 年とコロナ時代の観光の変化について」
●講 師:宮原 育子氏 (宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 教授) 

●プロフィール : 1975 年から11 年間、東京の旅行会社でアウトバウンドビジネスを担当。
1986 年:明治大学二部文学部に社会人入学。その後東京学芸大学大学院修士課程を経て
1997 年3 月:東京大学大学院理学系研究科博士課程地理学専攻を修了。博士(理学)。
1997 年4 月:県立宮城大学事業構想学部の講師、以降,助教授・准教授・教授。
2016 年:宮城学院女子大学現代ビジネス学部の初代学部長、社会連携センター部長。
2020 年から現職。 2018 年:宮城大学名誉教授。
専門は地理学、観光ビジネスで、東北を主なフィールドに地域資源を活かした観光交流の在り方や産学官連携の実践的な教育プロジェクトを推進しています。
主な社会活動 : 国土交通省国土審議会豪雪地帯対策分科会委員、国土交通省東北地方交通審議会委員、みやぎ観光創造県民会議委員、日本ジオパーク委員会副委員長、河北新報社「仙山カレッジ」座長、みやぎ・やまがた女性交流機構理事等
●講演内容 : 震災から10 年、宮城県を中心とした被災沿岸部の観光復興を振り返り、特に、宮城県の沿岸部における集客交流施設の誘致支援策と、仙台市の東部沿岸部の防災集団移転跡地における新たな観光交流ビジネスの誘致策の成果の一部を紹介。 また、新型コロナウィルス感染症の拡大によって被災地においても観光はストップしているが、一方で、東北は首都圏に代わる修学旅行先のひとつとなりつつある。 その動きと、震災学習の拠点となる震災遺構や伝承施設などの役割について話題提供。また次世代の観光の中でのジオパークについても紹介します。
●主 催:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 宮城県支部 豊年技術士懇談会
●会 場:仙台市市民活動サポートセンター(6階セミナーホール) 
     仙台市青葉区一番町四丁目1-3 TEL:022-212-3010
●対 象:どなたでも参加できます
●定 員:40名(※定員になりしだい締め切ります)
●参加費:無料
●申込締切日:2021 年 2 月12 日(金)
●申込方法・問合わせ:E-mail又はFAXにて下記事務局まで
●申 込 先:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 事務局
      TEL 022-723-3755 FAX 022-723-3812
      E-mail tohokugijutushi@nifty.com
●会場のご案内:・地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
        ・市営バス「商工会議所前」徒歩3分
        ※ご来館には公共交通機関をご利用ください。

●その他:
懇親会はコロナウィルス感染防止のため行いません。
コロナウィルス感染症の状況を踏まえ、日程等変更する場合がありますのでご了承ください。

※新型コロナウィルス対応のため、以下のご協力をお願いいたします。
①当日はマスクの着用をお願いします。
②会場入り口にて検温させていただきます。なお、37.5℃を超える場合や体調の悪い方は入場をご遠慮ください。
③会場入り口に消毒液を設置しますので、各自手の消毒をお願いします。
④会場は開放するため暖房が十分でない可能性がありますので、各自防寒対策をお願いします。
⑤講演会の座席は一人おきに配置しますので、密にならないようにお願いします。退場時は、出口、エレベーター等で密集を避けるよう間隔をあけて退場願います。


※申込の際に記入して頂いた個人情報は、当セミナーの各種連絡の目的にのみ利用いたします。
 当日CPD参加票を配布いたします。


 投稿日時: 2020-12-02 (113 ヒット)

2020年度 第1回豊年技術士懇談会 講演会のご案内

公益社団法人 日本技術士会 東北本部 宮城県支部

豊年技術士懇談会委員長 岸 憲之

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
2020年度第1回豊年技術士懇談会の講演会を下記の内容で開催いたしますので、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

敬具


●日 時:2021 年 2 月 19 日(金) 15:00~17:00  
●演 題:「震災10 年とコロナ時代の観光の変化について」
●講 師:宮原 育子氏 (宮城学院女子大学 現代ビジネス学部 教授) 

●プロフィール : 1975 年から11 年間、東京の旅行会社でアウトバウンドビジネスを担当。
1986 年:明治大学二部文学部に社会人入学。その後東京学芸大学大学院修士課程を経て
1997 年3 月:東京大学大学院理学系研究科博士課程地理学専攻を修了。博士(理学)。
1997 年4 月:県立宮城大学事業構想学部の講師、以降,助教授・准教授・教授。
2016 年:宮城学院女子大学現代ビジネス学部の初代学部長、社会連携センター部長。
2020 年から現職。 2018 年:宮城大学名誉教授。
専門は地理学、観光ビジネスで、東北を主なフィールドに地域資源を活かした観光交流の在り方や産学官連携の実践的な教育プロジェクトを推進しています。
主な社会活動 : 国土交通省国土審議会豪雪地帯対策分科会委員、国土交通省東北地方交通審議会委員、みやぎ観光創造県民会議委員、日本ジオパーク委員会副委員長、河北新報社「仙山カレッジ」座長、みやぎ・やまがた女性交流機構理事等
●講演内容 : 震災から10 年、宮城県を中心とした被災沿岸部の観光復興を振り返り、特に、宮城県の沿岸部における集客交流施設の誘致支援策と、仙台市の東部沿岸部の防災集団移転跡地における新たな観光交流ビジネスの誘致策の成果の一部を紹介。 また、新型コロナウィルス感染症の拡大によって被災地においても観光はストップしているが、一方で、東北は首都圏に代わる修学旅行先のひとつとなりつつある。 その動きと、震災学習の拠点となる震災遺構や伝承施設などの役割について話題提供。また次世代の観光の中でのジオパークについても紹介します。
●主 催:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 宮城県支部 豊年技術士懇談会
●会 場:仙台市市民活動サポートセンター(6階セミナーホール) 
     仙台市青葉区一番町四丁目1-3 TEL:022-212-3010
●対 象:どなたでも参加できます
●定 員:40名(※定員になりしだい締め切ります)
●参加費:無料
●申込締切日:2021 年 2 月12 日(金)
●申込方法・問合わせ:E-mail又はFAXにて下記事務局まで
●申 込 先:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 事務局
      TEL 022-723-3755 FAX 022-723-3812
      E-mail tohokugijutushi@nifty.com
●会場のご案内:・地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
        ・市営バス「商工会議所前」徒歩3分
        ※ご来館には公共交通機関をご利用ください。

●その他:
懇親会はコロナウィルス感染防止のため行いません。
コロナウィルス感染症の状況を踏まえ、日程等変更する場合がありますのでご了承ください。

※新型コロナウィルス対応のため、以下のご協力をお願いいたします。
①当日はマスクの着用をお願いします。
②会場入り口にて検温させていただきます。なお、37.5℃を超える場合や体調の悪い方は入場をご遠慮ください。
③会場入り口に消毒液を設置しますので、各自手の消毒をお願いします。
④会場は開放するため暖房が十分でない可能性がありますので、各自防寒対策をお願いします。
⑤講演会の座席は一人おきに配置しますので、密にならないようにお願いします。退場時は、出口、エレベーター等で密集を避けるよう間隔をあけて退場願います。


※申込の際に記入して頂いた個人情報は、当セミナーの各種連絡の目的にのみ利用いたします。
 当日CPD参加票を配布いたします。


 投稿日時: 2020-12-02 (104 ヒット)

令和元年度第3回宮城県支部役員会議事録

令和元年10月16日(水)に令和元年度第3回宮城県支部役員会が開催されました。
議事録は令和元年度第3回宮城県支部役員会議事録.pdf


 投稿日時: 2020-11-09 (136 ヒット)

令和2年度第1回技術委員会講演会

●主 催:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 宮城県支部 技術委員会
●日 時:令和 2 年 12 月 11 日(金) 15:00~17:00
●演 題:北上川改修110年のあゆみ

●内 容:
1.管理する河川(北上川・鳴瀬川・江合川)について
2.台風19号洪水災害とその後の対応について
3.東日本大震災復旧・復興について(旧北上川)
●講 師:佐藤 伸吾 氏
(国土交通省 東北地方整備局 北上川下流河川事務所長)(技術士 建設部門)
●略 歴:
・1960 年 6 月 23 日 宮城県栗原市生まれ
・1979 年 4 月 建設省東北地方建設局採用
・2011 年 7 月 国土交通省北上川下流河川事務所 副所長
・2015 年 4 月 〃 北上川ダム統合管理事務所長
・2017 年 4 月 東北地方整備局河川部河川情報管理官
・2019 年 4 月 現職
●問合せ先:宮城県支部 技術委員会 柳沢新市
      TEL:090-2377-0623、Mail:shinichi.yanagisawa@gmail.com
●対 象:技術士会会員以外の方及び一般の方も参加できます。。
●参加費:無 料
●定 員:50名(※定員を超えた場合お断りする場合があります)
●申込締切日:令和 2 年 11 月 27 日(金)
●申込方法・問合わせ:添付の参加申込書に記入しE-mail/FAXにて下記事務局まで
●申 込 先:公益社団法人 日本技術士会 東北本部 事務局 宛
      TEL:022-723-3755 FAX:022-723-3812 E-mailmailto:tohokugijutushi@nifty.com
●会 場:TKPガーデンシティPREMIUM仙台西口 ホール6B
     仙台市青葉区花京院 1-2-15 ソララプラザ TEL:022-200-2618

参加申込書ダウンロード:https://miyagi-gijutusi.org/uploads/2020/r2-1th-gijyutu-kouen.pdf

※申込の際に記入して頂いた個人情報は、当セミナーの各種連絡の目的にのみ利用いたします。
※当日CPD参加票を配布いたします。


コロナ対策について

★主催者の実施事項:

①会場入り口に消毒液を設置します。(各自手の消毒をお願いします)
②会場入り口において非接触式体温計で検温します。(入場をお断りする場合があります)
③演講会場での座席は、一人おきで広めの間隔をとって配席します。
④講演会場は常設の設備を稼働するとともに、出入り口や開放可能な窓等は講演中に適宜解放して換気を励行します。
⑤密集を避けるため、講演途中で休憩は取りません。(トイレは各自途中で適宜ご利用願います)
★講演参加者へのお願い:

①当日はマスク着用し、咳エチケットを守っていただくようお願いします。
②当日体調の悪い方、特に会場入り口の検温で 37.5℃を超える場合は入場をご遠慮ください。
③退場時は、出入り口・エレベータ等で密集を避けるよう、間隔をあけて整然と退場願います。
④会場は開放するため暖房が十分でない可能性がありますので、各自防寒対策をお願い致します。

 投稿日時: 2020-10-07 (129 ヒット)

第16回環境対応セミナー

- 持続可能な未来のために -
尚絅学院大学大学院特任教授 博士(社会学)  長谷川 公一氏 
●テーマ設定の背景:

 東日本大震災・福島原発事故(2011年)、本年の新型コロナ・ウイルスの世界的大流行(パンデミック)と衝撃的な事件が続いている。日本列島の至るところで、毎年のように、未曾有の豪雨災害がもたらされている。あたりまえに続くと信じ込んで疑わなかった明日が、必ずしも昨日までのとおりではないという日常と非日常との断絶に私たちは直面している。
 このまま経済成長を続けていけるのだろうか。経済成長を続けられるのだろうか。持続可能な未来をつくるために、2020年の今、どのような転換が求められているのだろうか。
 2020年は、第1回アースデー(1970年4月22日)から50年の年であり、温室効果ガスの大幅削減をめざすパリ協定の実施開始年でもある。エネルギー多消費的な社会を続けるのか、エネルギー効率の高い脱炭素社会への転換をめざすのか、私たちは分岐点にある。脱炭素社会への転換は可能なのか。私たちが直面する課題をともに考えたい。

 
●日 時:令和2年10月16日(金) 15:00~17:00
●会 場:仙台市市民活動サポートセンター(6階セミナーホール)
     仙台市青葉区一番町四丁目1-3 TEL:022-212-3010
●対 象:一般の方および官公庁、学校関係者、企業の方等、どなたでも参加できます
●定 員:45名(※新型コロナ・ウイルス対応(「3密」回避)のため、参加人数を絞らせていただいております。)
●参加費:無料
●締切日:令和2年10月12日(月)
●主  催:(公社)日本技術士会 東北本部 宮城県支部 環境委員会
●申込方法・問合わせ:裏面の申込書に必要事項をご記入の上、
          FAXにて「事務局」までお申込ください。また、E-mailでも受付いたします。
  ◆(公社)日本技術士会 東北本部 宮城県支部 事務局
        TEL 022-723-3755  FAX 022-723-3812
        E-mail tohokugijutushi@nifty.com
●プログラム:
時 間 項目 内容
15:00~15:10 開会の辞 ・(司会)宮城県支部 環境委員会 上村 惠也
主催者挨拶等 ・宮城県支部 支部長       遠藤 敏雄
15:10~16:40 講 演 演題:持続可能な未来のために
講師:尚絅学院大学大学院特任教授 博士(社会学)
             長谷川 公一(Koichi Hasegawa)様
<経歴>
山形県出身
東京大学、同大学院を経て、1984年東北大学教養部講師、1997年東北大学文学部教授、2020年より現職。
2003年ミネソタ大学客員教授、元・環境社会学会会長。
16:40~16:55 質疑応答  
16:55~17:00 閉会の辞 ・宮城県支部 環境委員会委員長   山本 真之

 

●会場のご案内:・地下鉄広瀬通駅 西5番出口すぐ
        ・市営バス「商工会議所前」徒歩3分
※ ご来館には公共交通機関をご利用ください。

(1) 2 3 4 ... 13 »