技術士とは

技術士を目指す方への案内

技術士制度

技術士制度は、「科学技術に関する技術的専門知識と高度の応用能力及び豊富な実務経験を有し、
公益を確保するため、高い技術者倫理を備えた、優れた技術者の育成」を図るための国による資格認定制度(文部科学省所管)です。

技術士の定義

技術士とは、「技術士法第32条第1項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術に関する高度の専門的応用力を必要とする事項についての
計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務を行うもの」のことです。

技術士の技術部門(専門分野)

1 機械 2 船舶 3 航空・宇宙 4 電気・電子 5 化学 6 繊維 7 機んぉく 8 資源工学 9 建設 10 上下水道 11 衛生工学 12 農業 13 林業 14 水産 15 経営工学 16 情報工学 17 応用理学 18 生物工学 19 環境 20 原子力・放射線 21 総合監理

技術士補の定義

技術士補とは。「技術士となるのに必要な技能を習得するため、技術士法第32項第2項の登録を受け、
技術士補の名称を用いて、技術士の業務について技術士を補助する者」のことです。

技術士試験制度

技術士試験は、技術士第一次試験、技術士第二次試験に分けて、文部科学省で定める技術部門ごとに実施されます。

技術士試験制度の仕組み

★指定された教育課程とは、「大学その他の教育機関における課程であって科学技術に関するもののうち、その修了が第一次試験の合格と同等であるものとして文部科学大臣が指定したもの」のことです。
詳しくは、日本技術士会ホームページ (http://www.engineer.or.jp)で確認してください。

☆第一次試験の免除として①学歴を有する者、②国家資格の保有者は、共通科目の試験が免除されます。
詳しくは、日本技術士会ホームページ (http://www.engineer.or.jp)「技術士試験・一次試験」で確認してください。